内定後の過ごし方。就活が終わった後の大学生活で何をすべきか?

内定後の過ごし方。就活が終わった後の大学生活で何をすべきか?

6月ごろから7月にかけて内定がでて、就職活動が一段落すると思います。

長い戦いお疲れ様でした。

就活であなたが磨いた話す力は今後必ず活きてきます。

さて、話は変わりますが、ここまで内定を目指して必死にやってきました。
いざ内定が出て就職活動が終わると、今度は何をしたらいいか迷子になっていませんか?燃え尽き症候群になっていませんか?

「卒業まであと半年遊んでていいの?」と思う方も多いのではないでしょうか?

我が社の人事部に聞いたところによると、内定者から「今のうちに取っておいた方が良い資格はあるか?」という問い合わせが毎年のようにあるそうです。

就活は終わったものの社会人への不安が大きいようです。

そこで今回は、就活が終わった後の半年の過ごし方について話していきたいと思います。

少しでも参考になればと思いますので、気楽に読んでいただければと思います。

単位を死ぬ気でとる

まだ単位が残っている方は、死ぬ気で単位を取って下さい。せっかく就活がんばったのに、留年してしまうと笑えません。

留年すると、内定をもらった企業に行くことはほぼ100%不可能と言っていいでしょう。十中八九内定取り消しを食らいます。

それだけでなく、留年をしたという事実は下記のようなのマイナス面を持ちます。

  1. もう1年分学費がかかる
    当然ですが、学費がもう1年分かかります。私立大学だと約80~100万円程度、国公立だと約50万円程度です。
    親に頭を下げるにしろ、自分で出すにしろ50万円用意しようと思ったらなかなか大変です。
  2. 内定を取る難易度が格段に上がる
    あなたが人事だとしましょう。留年した学生としてない学生どちらが欲しいですか?当然後者ですよね?
    学生の本分は学業です。その学業をおろそかにしている学生が社会人になって仕事ができると人事に思われますか?思われません。

以上のような理由から留年することは、いままでの頑張りを無駄にしてしまうためおすすめできません。

まだ単位をとり終わっていない方は死ぬ気で単位をとりましょう。

就活や働くことに比べれば楽なものです。勉強すればするだけ結果が返ってくるのですから。

 

卒論は集大成

大学や学部によっては卒業論文が必須の場合もあるでしょう。卒論は今までのゼミ活動の集大成です。

適当に文字数を稼げば単位認定をしてくれる優しい?教授もいることでしょう。

しかし、本当にそれでいいんですか?

卒論は一生残ります。将来見返す機会があったとき、「もう少し頑張って書けばよかった。」なんて後悔したいですか?

しないほうがいいに決まっています。

めんどくさい気持ちは分かります。自分の考えを文章にまとめるのってかなり難しいですし、色々調べるのは大変でめんどうです。

でも、そこは踏ん張ってやりきりましょう。

就活をやり終えたあなたならきっといい卒論が書けるはずです。

会社から言われている課題がある場合

企業によっては課題が送られてくることもあるでしょう。通信教育というやつですね。

課題は提出期限までに提出しましょう。

社会人は約束を守ることが常識です。約束を破ると信用の低下をまねきます。

入社する前から信用を落とすことのないよう、課題は提出期限までに出しましょう。

とにかく遊びまくれ

こんな言葉を知っていますか?

「大学生は人生の夏休み」

上では学生の本分は学業だのと言いましたが、逆に大学生は人生の夏休みでもあります。

その夏休みが半年近く残っています。

社会人になってから半年の休暇が与えられることなんてまずありません。それどころかお盆休みすらない可能性だってあります。

次にこんなに長く休めるのは老後です。

今のうちにやりたいことを目いっぱい楽しんでください。
老後にやろうと思っても体が言う事を聞かない可能性があります。

趣味に没頭するのもいいですし、長期の旅行に行くのも今しかできません。自転車で日本一周なんてのもいいですね。

個人的におすすめなのが青春18切符を使った一人旅。一人で行くことでプランニングする力がつきますし、なにより新しい出会いがたくさんあり、刺激的です。

一度はやっておきたい!青春18切符で一人旅

バイトは最低限でいい

バイトは必要最低限にしましょう。

遊ぶお金を捻出できる程度で構いません。大学時代にできる貯金なんて高が知れています。社会人になればすぐ取り返せます。

そんなお金を貯めるくらいなら、自分の趣味や旅行、BBQなどに使ったほうが有意義です。

親と交渉できるようなら、バイトをせずに親にお金を借りるというのもありだと思います。その分遊ぶほうに時間をかけることができます。

一つ勘違いしないで欲しいのは、あくまで借りるであってもらうではないこと。社会人になったらしっかり返しましょう。

大学生必見!?イベントスタッフバイトが稼げる!

 

まとめ

特別な勉強はしなくて構いません。会社から出た課題をこなすだけで十分です。

社会に出たら勉強の連続です。残った学生生活を勉強だけに費やすのはおすすめできません。

また、仕事で追々必要となってくる資格は必要となってから取ったほうが絶対に楽です。
なぜなら仕事で必要な資格は、実務に即している可能性が非常に高く、今の知識0で勉強を始めるよりも、経験を積んだほうがイメージしやすいためです。

残りの学生生活、単位取得や卒論などやることはしっかりやった上で、遊びまくってください!!

就職活動カテゴリの最新記事