大学生必見!?イベントスタッフバイトが稼げる!

大学生必見!?イベントスタッフバイトが稼げる!

大学生の皆さん突然ですが、お金に余裕はありますか?
友達と遊ぶ、彼女とデート、プレゼント、飲み会、サークルと大学生の出費は案外多く、「お金に余裕がない。」「貯金なんて0だ。」って人がほとんどだと思います。

そこで今回は、大学生にとっておすすめのイベントスタッフバイトについてお話したいと思います。

数日でガンガン稼げちゃいますよ。

そもそもイベントスタッフとは何か?

そもそもイベントスタッフとは何なのでしょうか?
主な仕事内容で言うとコンサートの設営・案内、大型ショッピングモールでの抽選会、サッカー場・野球場の案内、試験監督、某アイドルの握手会、花火大会の導線誘導など多岐に渡り、イベント物であればどんなことでもします。

ただ、イベントスタッフはコンサートスタッフとも呼ばれることがあるように、その多くがコンサートの設営、案内です。それだけ人手がいると言うことなのです。

みなさんが行っているコンサートやライブにもたくさんの人が携わっています。
一度バイトをするとコンサートの見方も少し変わってきますよ。始めるためにはイベントスタッフ派遣会社に登録をしにいきます。
有名求人サイトに載っていますので、そちらで調べてくださいね。

普通のバイトと違い、面接は必要ありません。(中には面接を取り入れている派遣会社もありますが…)

空いた日に働けるのも嬉しいポイントですね。
メールや電話を通して登録した会社に連絡を入れると、お仕事を紹介してくれます。自給は大体950~1200円、拘束時間は6~12時間くらいです。

例えば、
自給1000円、9時~21時まで働くと\1000×12H=12000円
自給1000円、20時~8時まで働くと\1000×5H+\1250(22時~5時の割増賃金)×7     H=13750円
一日でこんなに稼げちゃうんです!お得ですよね!
ちなみに僕が今までで一番長かった労働時間は20時間です(笑)

労働基準法とは?って感じですが、手当て込みで30000円近く稼げたので満足してます。

では、次項より、イベントスタッフで多いお仕事を1つずつみていきましょう。

コンサート設営スタッフ

ではまず設営スタッフから。
その名の通り、コンサートのステージの設営です。
関西の現場例で言うと、京セラドーム、大阪城ホール、神戸ワールド市民ホール、フェスティバルホール、あとは各地の市民会館などに派遣されます。お仕事は、土木系の建築現場の方のアシスタントといった感じです。
機材をトラックから降ろす、運ぶ、組み立てるをひたすらしていく感じですね。
体力勝負の世界です。

ただ、設営スタッフにも体力のあまり要らない仕事があります。
みなさんはコンサートのアリーナ席の間の通路を演者が乗ったトロッコが走ると言う光景を見たことがありますか?
実はあれ、中に人が入って押してるんです。いまどきでも人力なんです。
そのトロッコを押す人などの、コンサート当日の舞台演出のアシスタントはきつくありません。舞台演出に携わると言うことで、演者のリハーサルも見れちゃいます。
楽でリハも見れて稼げる!最高のお仕事です!!

設営現場は基本的に体育会系です。
指揮を執っている方は基本的に怖いです。
怒号が飛び交っています。

ですので、怒鳴られるのに自身がない方であったり、体力に自信がない方にはあまりおススメできません。

運動不足になりがちな大学生にとっては、いい運動になるので、運動不足解消におすすめです。

コンサート案内スタッフ

普段コンサートに行ったときに、スーツを着た案内の人がいますよね?
あれが案内スタッフです。

主な仕事としてはチケットの確認をしてもぎったり、客席の案内をしたりですね。
案内スタッフはコンサートが始まるまでは忙しいですが、始まってしまえばすることはほとんどありません。お客さんがスマホで撮影をしていないか見張るくらいです。

ですので、コンサートが始まると、基本的には休憩です。
休憩中も普通の派遣会社はお給料が出るので休めて稼げる!お得です!

もう一つ案内スタッフとして分類されるのが物販です。
注文を聞いて、用意して、お会計するだけなので、比較的楽です。
この仕事もライブが始まってしまえばほぼほぼ休憩です(笑)

抽選会イベント

大型ショッピングモール(イオンなど)の抽選会のお仕事です。
みなさんも一度は見たこと、参加したことがあるのではないでしょうか?
お買い上げ金額○○円以上でガラガラを回すことができるイベントです。仕事内容の流れとしてはレシートを出してもらい、合計金額を計算する→金額に応じてガラガラを回してもらう→景品を渡す、です。

かなり単純な作業の繰り返しなので、とても楽なのですが1つだけ落とし穴があります。
それは座ってできるかどうか。現場によってはずっと立ちっぱなしでしなければならないことがあります。

基本的には、ずっと座ってする現場が多いのでそこまで問題はないのですが、ずっと立ちっぱなしとなると女性には少ししんどいのかもしれません。

サッカー、野球案内スタッフ

関西エリアで言えばパナソニックスタジアム、ノエビアスタジアム、甲子園、京セラドームなどですね。

お仕事内容は、基本的に案内です。
そのほかには、スタジアムによってはビンカンの持込ができないため、ビンカンの飲料を紙コップに移してもらうよう呼びかけるお仕事もあります。

この仕事のいいところはなんと言っても、試合を見れる可能性があるというっこと!
配置される場所にもよりますが、客席の前列のポジションになった場合、
完全に試合を見れます!
まあ、試合に夢中になってるとチーフに怒られるので注意が必要ですが。
怒られない程度に試合を見る!しかもお金をもらって!
スポーツ観戦が好きな方にとってこれほどいいことはないのではないでしょうか?

くらのすけのおすすめ現場

さて、ここまで主要なお仕事を紹介してきましたが、ここで僕が一押しする現場を紹介します。

それは市民会館での演歌歌手のコンサートです。
拘束時間は基本的に9時~21時でステージ設営、案内、撤去まですべてを行います。
会社によってはパッケージなどと呼んでいるそうです。

この仕事のいいところは何よりなところ。

大きいホールのように機材が多いわけではないので設営もすごく楽(早いと1時間も掛からず終わる)ですし、スタッフさんもドームの設営に比べると基本的に優しいです。

また、比較的休憩も多いので、体力に自信のない方でも大丈夫!
案内も演歌歌手と言うことでお客さんはお年寄りです。
難癖つけてくる人はほとんどいません。

と言うわけで、市民会館での演歌歌手のコンサートおすすめです!

ぜひやってみてくださいね。

登録すべきイベントスタッフ派遣会社のポイント

さて長々とお話してきましたがここで登録すべきイベントスタッフ会社のポイントをいくつかお教えしておきます。

  1. 交通費が出ること
    いくら稼げるといっても交通費自費は厳しいですよね。
    きちんと交通費を出してくれる会社を選びましょう。
  2. 拘束時間でお給料が出ること
    拘束時間でお給料が出ると言うのは例えば、12時間拘束だった場合、この12時間のうち何時間休憩があっても12時間分自給が発生すると言うことです。
    会社によっては休憩時間は給料が出なかったりするので気をつけましょう。(そんな会社ほとんどないですが)
  3. 手当てはあるか?
    集合時間が早かったり、現場が遠いときに手当てがでるのかどうか?
    この手当てがあるのとないのとでは収入が大分変わってきますので手当てがある会社を選びたいですね。

以上3点が僕にとってのイベントスタッフ派遣会社選びのポイントです。
参考にしていただければ幸いです。

会社ごとにこの現場に強いなどの特色がありますので、何社か登録してみてよさそうなところを選んでみてください。

まとめ

いかがでしたか?
少しでもイベントスタッフに興味を持っていただけたなら幸いです。

とりあえず登録だけでもしておけば、したいと思ったときにすぐ始められるので、まずは登録会だけでも足を運んでみてはいかがでしょうか?



アルバイトカテゴリの最新記事