iPhoneユーザー必見!バッテリーを無料or安くで交換する方法

iPhoneユーザー必見!バッテリーを無料or安くで交換する方法

「最近iPhoneのバッテリーの持ちが悪い。」

1~2年の間、同じiPhoneを使っていると、だんだんとバッテリーの持ちが悪くなっているものです。

本来なら新しいスマホに変えるなどするのがベストです。

しかし、そうも言えないのが現実。

「本体はこのままでバッテリーの持ちをよくする方法ないかなあ?」とお考えのあなた!

安くでバッテリー交換をしてバッテリーの状態を新品同様にしませんか?

iPhoneのバッテリーを安くで交換

現在、Appleではバッテリー交換を本来の価格より安価で行っています。

その内容は、iPhone本体の保証およびAppleCare+による延長保証期間内であれば無償交換。

また、保証期間が過ぎている場合でも、iPhone 6以降のバッテリー交換費用を通常の8800円から3200円に値下げするというものです。

期間は2018年12月末まで。

3200円で快適なスマホライフが戻ってきます!

バッテリー劣化具合の調べ方

では、あなたのバッテリーは本当に劣化しているのか、気になりませんか?

iPhoneにはバッテリーの劣化具合を調べる方法があるんです。

iPhoneの設定→バッテリー→バッテリーの状態をタップ。

すると下記のような画面が出てきます。

私はこの前交換に行ったので、最大容量100%です。劣化が全く起こっていない状態ですね。

劣化が進んでいると、その下のような画面になります。

最大容量は下がり、ピークパフォーマンス性能のところに激しく劣化しています、という文言が出ます。

これが出ている人はバッテリー交換を早急にすることをお勧めします。

実際に交換する手順

では、実際どうすればいいのか。

実際に交換に行ってきました。

appleで予約をする

まずはappleのHPから予約をします。

現在地の近くからお店を探せるので、探してみてください。

バックアップを取る

予約ができたら、行く日までにバックアップを取っておきましょう。

バッテリー交換の際にデータが初期化されても、保証はありません。

私の場合はデータが消えませんでしたが、何があるかわからないので、バックアップは取るのが吉です。

iTunesでしっかりとバックアップを取りましょう。

予約した日時に行く

あとは、実際に予約した日時にiPhoneをもって行くだけです。

受付を済ませ、スタッフさんからデータの保証はされないなどの説明を受け、サインします。

あとは10分ほど待てばバッテリーを交換完了です。

私の行った店舗ではカードでの支払いも可能でした。

格安SIMに乗り換えもあり

バッテリーを交換したら、本体はそのままで格安SIMに乗り換えちゃうのもありです。

私も格安SIMに乗り換えましたが、月々のスマホ代が8000円から3000円に下がりました

毎月5000円安くなるのはかなり大きいですよね?

ネットから申し込みもできるので、ぜひ検討されてみてはいかがでしょうか?

まとめ

安くでバッテリー交換は2018年12月末までできますが、ぎりぎりになると予約が殺到し、取れない可能性があります。

早目に行くようにしてください。

私が交換に行ったのは9月後半ですが、その時点でもなかなか予約が取れませんでした。

ライフスタイルカテゴリの最新記事