レンタカーで行く!四国一周旅行【愛媛編】

  • 2018.05.29
レンタカーで行く!四国一周旅行【愛媛編】

みなさんこんにちは!
突然ですがみなさんは四国一周旅行をしたことがありますか?

「四国なんてなんもない田舎だろ」なんて思っている方いませんか?

そんなことありません!四国は魅力がいっぱいです。
食べ物もおいしいですし、1日1県じゃ回りきれないほど観光できるところが結構たくさんあります。

そこで今回は以前3泊4日で四国一周旅行をした僕の経験をもとに四国の魅力について語っていきたいと思います。

文量が多くなってしまいますので、4回に分けます。
今回は愛媛編です!

目次
1.移動手段はレンタカー
2.広大な四国カルスト
3.海に一番近い駅、下灘駅
4.旅の疲れを癒す道後温泉
5.晩御飯は少しリッチに鯛めし
6.愛媛といえばみかんでしょ
7.まとめ
1.移動手段はレンタカー
四国は基本的に電車網が発達しているとは言えません。
これからご紹介する観光地も電車で行けるようなところばかりではありませんし、近くまで電車で行って、そこからバス移動なんてしてたら、時間が掛かりすぎます。

そこで必然的に移動手段はレンタカーになります。
四国はレンタカーの価格もそれほど高くなく、コインパーキングも安いので助かりました。
僕が行ったときは4日で2万円ほどでした。それを人数分で割るので、かなりお安くなります。

ただし、レンタカー移動にはデメリットもあります。
それは誰か一人が確実にお酒が飲めないこと。
せっかくの旅行なんですから、飲みたいと思うのは自然ですが、そこはグッとこらえてください。晩御飯はホテルの近くにするなどすれば夜はみんなでお酒が飲めるのでそんな工夫も良いかもしれませんね。

中国地方や近畿に住んでいる方は、自家用車で行くのが一番安上がりかと思います。

ちなみに四国は市内でも経てるの値段がかなりリーズナブルでした。3000円~4000円程度でかなりしっかりとしたビジネスホテルに泊まれます。
ただ、ホテルが大阪ほど多くないので予約はお早めに!
行く直前に土曜日のホテルを取ろうとしていたのですが、かなり苦労しました。

2.広大な四国カルスト

見よこの広大な景色!愛媛県と高知県に位置する四国カルストは、山口県の秋吉台、福岡県の平尾台に並ぶ日本三大カルストの1つです。標高は約1,400m、東西の幅は約25km。とてつもなく広い!そして行くのに時間が掛かる!ひたすら田舎道をドライブしていくわけなんですが、これはこれでなかなか楽しい。車中でのおしゃべりも旅行の醍醐味ですよね。非日常で色々と語らいましょう。

カルストとは
カルストとは、石灰岩などの水に溶けやすい岩石で構成された大地が雨水や地下水などによって浸食されてできた地形のことです。
まあ、難しいことは置いといて、こんな感じの地形がカルストと呼ばれるものらしいです。(浅識なので詳しいことは分からない)
四国カルストは愛媛県と高知県の県境にありますので、こんな表示も見れちゃいます。
この前にある建物は愛媛県でもあり、高知県でもあるんです。なんだかすごくないですか?
3.海に一番近い駅、下灘駅

鉄道好きなら一度は訪れてみたいスポット、下灘駅にも行ってきました。
鉄道好きでなくとも、映画やドラマなどのロケ地にも使用されている場所ですので一度入ってみる価値ありです。「HERO」や「男はつらいよ」などのロケに使われています。また、青春18切符のポスターに使用されたこともあるそうです。
ぱっと駅のホームを見た感じの印象は、まだこんな建物の駅があるんだなあってことです。無人駅です。
昭和を彷彿とさせるようなレトロなデザインです。

海に一番近い駅(かつて)と言われるだけあって、とにかく海に近い!駅のホームから海まですぐそこです。

夕焼け空と海のコントラストがなんとも言えない雰囲気だと思いませんか?

電車が来る様子もレトロチックでいいですね。
電車が来る様子を見たい方は時間に注意してください。
1時間に1本、多くても2本です。タイミングを逃すと1時間近く待ちぼうけをくらうことになります。

観光客がたくさんいて、地元の人がまったくいませんでした・・・

4.旅の疲れを癒す道後温泉

旅の疲れを癒すにはやっぱり温泉でしょ。と言うことで、道後温泉に行ってきました。
夜の道後温泉、なかなか雰囲気あると思いませんか?それもそのはず、あの『千と千尋の神隠し』の油屋のモデルの1つになった温泉なんです。また、夏目漱石の『坊っちゃん』にも描かれている有名な場所なんです。

中はなかなかレトロで雰囲気のある感じでした!
写真は残念ながら撮れませんでしたが・・・
お湯もとても気持ちよく、効能としては神経痛・胃腸病・皮膚病・貧血などに効くといわれています。

さあ、温泉を堪能したらお茶菓子のお時間です。
道後温泉では入浴後、浴衣を着てお茶菓子をいただくことができます。
こんな体験普段することがありませんので、不思議な感覚でした。
窓の開いた2階でいただけるので、夜風が気持ちよかったです。

5.晩御飯は少しリッチに鯛めし
愛媛の郷土料理と言えば鯛めしです。
せっかく来たんですから食べましょう。

松山市を中心とした「鯛めし」は、焼いた鯛を昆布だしでふっくら炊き込んだものです。それに対して、宇和島市を中心にした「鯛めし」は、生卵入りのタレに漬けた鯛のお刺身を、タレごと温かいごはんに掛けていただくスタイルなんです。

僕がいただいたのは松山市中心のもの。
鯛はふっくらしていてやわらかく、素材の味が良く引立っていました。
お値段は多少しますが、その価値ありです!

宇和島中心の刺身の鯛めしも今度食べてみたいです。

6.愛媛といえばみかんでしょ
愛媛と言えばやっぱりみかん。
生産量日本第2位ですので、みなさんご存知かと思います。

今回の旅行では、みかんそのものは食べれていないのですが、みかん関係で食べたものがこちら。

10FACTORYさんのシャーベットとみかんジュース。どちらもとても美味でした。
このお店みかん専門店なだけあってとにかくすごいんです。みかんの種類が半端じゃなく多い!

すごくないですか?白い商品のカードの分だけ様々な品種をとりそろえているんです。
道後温泉近くの商店街にありますので、道後温泉に入った後、体を冷ましがてらにでも言ってみてください。

また、道後温泉商店街ではこんなものもありました。

みかんおにぎり(笑)この単語を見てHKT48の秋吉優花ちゃんを思い出したのはアイドルオタクな僕だけでしょうか?秋吉優花ちゃん、かわいいですよね。ほんと天使だと思います。メジャーアイドルの中では僕の一推しの子です。気になった方はtwitterで検索してみてください。
どんな味なんだろう・・・気にはなったもののチャレンジする勇気はありませんでした。

 

7.まとめ
四国一周旅行愛媛編はいかがでいたか?
タオル美術館なども行ってみたかったのですが、時間の都合で断念。
愛媛だけでなく四国全般ですが、一日で回りきれないくらいたくさんの魅力がありました。

四国一周される方は1県2~3日取ったほうが無難かなあと思いました。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

カテゴリの最新記事