一人旅ってどこに泊まるの?ホテル?ネカフェ?それとも...?

  • 2018.05.21
一人旅ってどこに泊まるの?ホテル?ネカフェ?それとも...?

みなさんこんにちは!

以前記事にて、青春18切符の一人旅をおすすめしたんですが、そこで一つの疑問が生まれてきませんか?
「一人旅ってどこに宿泊すればいいんだろう?」という疑問が。
生まれてきますよね?いや、生まれてきてください(笑)

そこで今回は一人旅に行った時の宿泊先について、それぞれのメリット、デメリットを紹介したいと思います。自分にあった宿泊先を選択してください。

目次
1.ビジネスホテル
2.カプセルホテル
3.インターネットカフェ
4.野宿!?
5.まとめ
1.ビジネスホテル

ビジネスホテルとはその名の通り、主に出張のサラリーマンを顧客としているホテルです。
皆さんも一度は泊まったことがあるのではないでしょうか?

メリット
・安心、安全であること
ビジネスホテルを使うメリットとして一番に上げられるのはやはり安心、安全であると言うことでしょう。当然ですが鍵付の個室ですので、荷物の盗難などに遭う恐れがありません。

・後述の施設より広いこと
後述の施設(カプセルホテル、インターネットカフェ)は、基本的にそれほど広くはありません。しかし、ビジネスホテルであれば、それなりの広さが確保されていますので、ゆっくり疲れを取ることができるでしょう。

デメリット
・料金が他の施設より高い
後述のカプセルホテル、インターネットカフェに比べて、ビジネスホテルは割高です。お金のない学生などにとっては痛い出費となってしまいます。

・予約が必要
ビジネスホテルは基本的に予約が必要です。何があるかどこへ向かうか当日になってみないと分からない一人旅にとって、この点はデメリットです。当日予約と言うこともできますが、当日予約となると、更に割高になってしまいます。

2.カプセルホテル

カプセルホテルとはカプセル状の簡易別途を提供する宿泊施設です。
カプセルホテルと聞くと最初は抵抗があるかもしれません。
僕もそうでした。が、行ってみるとこんなにも快適なのかと思い知らされましたね。

メリット
・大浴場、サウナがある。
カプセルホテルのメリットはやはりこれが一番ではないでしょうか?お風呂に入り、その日の疲れを癒す。とても大切なことですね。

・ビジネスホテルよりも安い
お風呂に浸かれてビジネスホテルより安いなんて最高だと思いませんか?

・飛び入りでも宿泊できる可能性が高い
ここも重要なポイントです。カプセルホテルはビジネスホテルに比べて、飛び入りでも宿泊できる可能性がかなり高いです。理由としては宿泊にスペースをあまりとらないため、客室が多く取れると言うことかなと個人的には考えています。

デメリット
隣の人のいびきが聞こえる
画像と通り、カプセル同士はかなり密着しています。ですので、隣の人のいびきや歯軋りがすごい場合はかなりダイレクトに音が伝わってきます。
物音に敏感な人は耳栓を用意していったほうが良いかもしれませんね。

・鍵が掛からない
カプセルホテルは鍵が掛かりません。入り口のところのカーテンを閉めるだけになります。貴重品はロッカーにしまっておけるので盗まれる心配はありませんが、神経質な方にとっては、鍵が掛からないと言うのはかなりのデメリットかもしれません。

・少し窮屈
カプセルと言う性質上仕方のないことですが、カプセル内は少し窮屈です。背の高い人にとっては、辛いのかも知れませせん。
ちなみに僕も結構色々なカプセルホテルに泊まってきましたが狭くて辛いと感じたことはありません。(僕の身長は178センチほどです。)

3.インターネットカフェ

インターネットカフェは本来宿泊するための施設ではありませんが、24時間営業なので泊まることが可能です。インターネットカフェに止まるときの注意点は座席のタイプ。必ずフラットタイプにしてください。チェアタイプの席だとかなり寝にくいです。(フラットタイプとは画像のように寝転がることができるタイプの席です。)

メリット
・とにかく安い!!
ネカフェの最大の利点はとにかく安いこと!ナイトパックを使えばかなりお安く泊まれちゃいます。値段は地域差が激しいのでいくらとはいえませんが、その地域のビジネスホテル、カプセルホテルよりは確実に安いです。

・マンが読み放題、ネットし放題!
ネカフェなので当然ですが、マンガ読み放題、インターネットし放題です。
やりすぎて次の日に疲れを残さないようにだけ注意してください(笑)

デメリット
・いびきが聞こえる
カプセルホテル同様隣のブースには人がいますのでいびきが聞こえてきます。
物音に敏感な方は、耳栓をお持ちください。

・とにかく狭い
ネカフェの個室はかなり狭く、寝転ぶと身長ぎりぎりだったり、時には足りなかったりします。これでは快適な眠りは取れませんよね。

・衛生面が気になる
ネカフェはここも気になります。果たしてちゃんと清掃しているのだろうか?
していると信じて泊まるしかないですね。

・シャワーがないネカフェも・・・
多くのネカフェにはシャワールームがあります。(有料か無料化は店による。)
ただ、残念なことにシャワールームの付いていないネカフェも存在します。
僕も以前一度だけシャワールームのないネカフェに泊まったことがありますが、あれはなかなか地獄でした。
ネカフェを選ぶ場合はシャワールームの有無をしっかり確認しましょう。

4.野宿!?
最後の手段、野宿です。
そのお値段なんと0円!!!
正直僕は野宿したことがないんで、メリットもデメリットも分かりません。
というか、野宿って本当に可能なんですかね?
体も休まらないですし、危険もいっぱいありそうなので、やめておいたほうが無難かなと思います。

 

5.まとめ
いかがでしたか?
僕のおすすめは断然カプセルホテルです。大浴場やサウナに入れますし、鈍感なので他人のいびきなんて気になりません(笑)
寝室も秘密基地感があって好きなんですよね。
みなさんも自分に合った宿泊先を見つけてくださいね。

カテゴリの最新記事