湿潤療法で傷が早く治る!

湿潤療法で傷が早く治る!

みなさんこんにちは。

みなさんはけがをすることってありますか?

大人になるとけがをする機会は必然的に少なくなっていくかとは思いますが、それでもけがをしない人はいないでしょう。

大人になると、けがの治りが遅くなると言いますよね。一度けがをするとなかなか治らない、傷跡が残る、など大人になってからのけがは辛いものです。

そこで、今回は『湿潤療法』という従来の治療法とはまったく異なる治療法を紹介したいと思います。湿潤療法は人が元来持っている自己治癒能力に働きかける療法ですので、けがの治りを早めるだけでなく、傷跡も残りにくいというすばらしいものです。

僕自身が湿潤療法をおこなってみて一番メリットに感じたのは、痛みが少ないこと。従来の治療法に比べ、かなり痛みがましであると感じました。というか、ほぼ痛みを感じませんでした。

湿潤療法とは?
そもそも湿潤療法とはなんなのでしょう?
その名の通り、潤いを絶やさないようにするものなのですが、ここで一度従来の治療法と比較してみましょう。
従来の治療法
1.傷口をきれいに洗う
2.消毒をする
3.ガーゼなど(絆創膏含む)を当て、傷口を乾かす
湿潤療法
1.傷口をきれいに洗う
2.消毒はしない
3.傷口を乾かさない
いかがですか?
見比べてみるとかなり違うと思います。
それぞれ説明していきますね。

1.傷口をきれいに洗う
まず1ですが、けがをした傷口にはごみなどが入り込んでいますので、しっかり流水で洗ってください。ここは今まで通りです。

2.消毒はしない
そして2ですが、消毒はしません。
細菌を殺す効果のある消毒ですが、細菌を殺すというメリット以上のデメリットがあります。それは、自分の細胞を傷つけてしまうと言うこと。消毒では、細菌を殺す以上に正常な細胞にダメージを与えてしまうので、消毒はしてはいけません。

3.傷口を乾かさない
先ほど『湿潤療法』は人の元来持っている自己治癒能力に働きかけるものであるとお伝えしました。自己治癒能力を最大限に活かすのが傷口を乾かさずに保つことなのです。

けがをすると傷口からじゅくじゅくの透明な液体が出てきます。このじゅくじゅく浸出液の中に、けがを治すために必要な、成分が入っています。ガーゼなどを当てると、その浸出液を吸い取ってしまい、傷口が乾燥し、傷の治りが遅くなってしまいます。

傷口の潤いを保つことが傷の治りを早めてくれます。では次項にて、過程で簡単にできる湿潤療法をご説明します。

 

家庭でできる湿潤療法
用意していただくものは
・食品用ラップ
・ラップを留めるための医療用テープ
だけです。

やり方は、傷口にラップをあて、密閉状態を作り、テープで留めるだけです。

簡単でしょ?ラップの交換頻度ですが1日1回はするようにしてください。

日に日に傷口が治っていくのがごらんいただけると思います。

ただし、動物に噛まれた場合などは湿潤療法は得策とは言えませんので、病院へ行ってください。

湿潤療法を取り入れた市販絆創膏
ラップを巻いたりするのがめんどくさいと言う方へ、市販の絆創膏でも湿潤療法を取り入れたものがありますので紹介します。

ラップで密閉状態を作ると言うのもなかなか難しい箇所もありますので、このような市販約はありがたいですね。

僕がおすすめしたいのはジョンソンエンドジョンソンのキズパワーパッド。

皆さんも名前はご存知かと思いますが、キズパワーパッドも湿潤療法を取り入れた製品なんです。キズパワーパッドのいいところは、大きさのラインナップが豊富と言うこと。

貼る場所によって適切な大きさを選べるのがいいです。

 

まとめ
いかがでしたか?
乾かさない治療法湿潤療法。
もっと詳しく知りたいと言う方は湿潤療法で検索して頂くと医学的側面についてもっと深く知って頂けるかと思います。

ライフスタイルカテゴリの最新記事